ライセンスの確認

ハードディスクのコピーは、専用の機器を利用すると簡単に行うことができます。色々なタイプのHDDコピー用の商品が発売されていますが、最近は数タッチで簡単にコピーできるものが人気のようです。OSごと丸ごとコピーできるため、バックアップ用途とてよく利用されています。 今後重要なデータはどんどんパソコンで管理されていきますので、ハードディスクのデータを守るということがとても重要になってきます。今まではパソコンが故障してしまって仕方がないで済んでいたことも、今後は取り返しのつかない事態を招く可能性があります。そのためHDDコピーも需要が高まっていくことが予測されます。特に企業でパソコンを利用している場合は、とても重要です。

HDDコピーを利用して、別のPCで同じ構成を再現したいことがあります。そのような場合、OSのライセンスに気をつける必要があります。色々なライセンスがありますが、基本的には利用するPCの数が制限されていますので、それを超える場合は規約違反となってしまいます。オンラインのライセンス認証がある場合は、すぐに利用できなくなってしまうケースもあります。 ライセンス認証が必要なOSは必ずコピーして使う先のライセンスもあらかじめ用意して変更ができるようにしておくことをお勧めします。HDDコピーを大きな規模で行う場合、端末とHDDの管理をしっかりしておく必要があります。管理表などを作成し、それぞれの状況をしっかり記載しておきましょう。