HDDはかなり便利

今は本当にHDDも安くなりました。 昔は今のUSBメモリ程の容量もないものが、何万円もしたものですが、今だとテラバイトの物が一万円を切って当たり前と来たものです。 だから今だと本当に贅沢な使い方も出来ます。 大容量のソフトを気にせずインストール出来ますし、テレビの録画もパソコンですればHDDにいくらでも溜め込めます。 ですが、HDDはあいも変わらず壊れやすいので、沢山使ったなら沢山バックアップしなくてはなりません。 しかし最近はそれも便利になっていて、コピーをハードウェアでしてくれるものがあります。 HDDコピー機とか呼ばれるものですが、HDDコピー機能付きのSATAケーブルなんてものもあります。 どちらも4000円前後なので、大量にバックアップする人にはお買い得でしょう。

私が一番最初にHDDをバックアップした時は、デスクトップパソコンの蓋を開けて内蔵ドライブで行ったものでした。 そんな手間のかかるものだったので、USBでの外付けHDDが登場した時はその便利さに感動したものです。 SCSI接続のHDDは基本的に高価だったので、比較的安価に買える内蔵HDDを外付けとして使えるようにするUSBの外付けタイプは画期的な商品でした。 外付けUSBが登場した時点でももう十分過ぎる程バックアップが簡単になりましたが、HDDが安価になった事でHDDコピー機の需要も生まれたのでしょう。 特に、OSを丸ごとバックアップするのにはパソコンを介して行うのは今でも面倒です。 それがHDDコピー機なら、OSを介さないお陰で簡単に完全なコピーができます。 これからはSSDに乗り換える人も増えるので、HDDコピー機の存在は有難いと言えるでしょう。